×

CATEGORY

税込4,000円以上お買い上げで送料・代引き手数料 無料!

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  商品特長

お米について

会津産こしひかりの良い理由は?
福島県、会津磐梯山の裾野に広がる広大な土地は、栄養豊富な雪解け水が育んだ肥沃な土地で、夜は冷え込み、昼は暑さに見舞われる盆地特有の気候が米作りには最適です。

JAあいづ

福島県内で生産した玄米は、放射性物質検査を全量・全袋を実施し、
食品衛生法に定める基準値(100ベクレル/kg)以下で有る事を確認し出荷しています。
ホームページ(ふくしまの恵み安全対策協議会)にて開示しています。
※サイロにて籾殻付きで保存。発注後、脱穀し玄米で出荷。

角屋(精米)

最新の精米機により、濁度40ppm以下に抑えてあります。※とぎ汁が余り濁りません。

▲ページトップへ

餅について

田舎もちの美味しい理由は??
田舎もちの原料米(会津ひめのもち)は、福島県会津地方で磐梯山からの栄養豊富な雪解け水が注ぐ肥沃な大地で育ちました。この原料を100%使用し作りました。

もち米生産者 猪苗代みのりの会
会員名
浅川雅典 佐藤均 横山徹 渡部誠 松井隆 小板橋哲也 神田功 渡部寿雄 長谷川克則 鈴木修一

JAあいづ

福島県内で生産した玄米は、放射性物質検査を全量・全袋を実施し、
食品衛生法に定める基準値(100ベクレル/kg)以下で有る事を確認し出荷しています。
ホームページ(ふくしまの恵み安全対策協議会)にて開示しています。
※籾殻でサイロ保存。発注後、脱穀し出荷。

工場

杵で100回搗き、柔らかい粘りを出しました。

▲ページトップへ

もち米について

なぜ会津の(ひめのもち)なのか?
福島県会津地方は、磐梯山からの雪解け水により肥沃な土地が広がります。更に、昼間は暑く夜は冷え込む盆地特有の気候により作物の味が高まります。
この土地に、味がよく柔らかなコシを持つ(ひめのもち)を栽培しました。

▲ページトップへ

豆について

豆の分類と主生産地

豆の分類

ご挨拶

豆の主生産地(北海道)の各支庁

豆の主生産地(北海道)の各支庁

小豆と大納言の違いは?

  特徴と用途
小豆 小豆は大納言に比べ皮が柔らかく、比較的早く煮上がる為(おしるこ、おはぎ、おかゆ等)広く使われています。
ねり餡を作る際も皮がやわらかく裏ごしがし易い。見た目は楕円形。
名前の由来は江戸時代の学者、貝原益軒の(大和本草)の中で、(あ)は赤色、(ずき)は溶けるの意味があり、赤くて早く柔らかくなる事から(あずき)になったとしています。
大納言 大納言は皮が固く、煮くずれしにくい特徴を生かし、形を残す(ぜんざい、赤飯、甘納豆等)に主に使われます。
形は俵の型をしています。名前の由来は、当時切腹の習慣が無い公卿の官位である大納言が付けられたとも謂われています。

※お赤飯の場合、関東ではササゲが一般的ですが、関西では味と固さで大納言が主流です。

小豆
小豆
大納言
大納言
■ 栄養成分
蛋白質 カリウム カルシウム マグネシウム 鉄分
7.7g 3200mg 560mg 670mg 5.1mg
おしるこ
おしるこ
■ 主な用途
おしるこ・おはぎ・ぜんざい・小豆がゆ・餡の原料など
■ 小豆の選び方
粒と色が揃ったものを選びましょう。大きさと、色が違うと、煮えムラの原因となります。

小豆の煮方

  • 1.豆を鍋に入れ、たっぷりの水で簡単に洗います。※豆をこぼさないようにご注意ください。

  • 2.新たに水を豆の量の5~6倍入れ、3~4時間程、浸けおきします(水に浸けすぎますと豆が固くなります)そのまま4~5分強火で煮立て、白いアクが浮いてきたらオタマですくい取り、捨てましょう(2~3分)※煮汁は捨てないようにしましょう(煮汁には豆の天然色素と旨みが溶け出しています)

  • 3.フタをし、中火に落として煮ます。途中、煮汁が減っていたら豆がかぶる程度に水を加え、柔らかくなるまで煮ます。※フタをする事により圧力がかかり早く煮えます。

  • 4.豆を指先でつまみ、つぶれる位で煮上がりです。※やけどには十分ご注意ください。

  • 5.砂糖は一度に加えますと豆が固くなりますので、お好み量の砂糖を3回くらいに分け、加えて煮ます。また塩を一つまみ加えますと甘さが引き立ちます。※砂糖の甘さは豆が冷める時に染みてゆきます
 
Q.小豆は漬け置き不要?
A.小豆は芽からのみ水分を吸う性質があり、発芽に必要な水分を吸収すると芽を閉じてしまいますので従来より浸漬は不要とされてきましたが、消費者様から浸漬した方が柔らかく煮えるとのお便りを頂き弊社で幾度も煮てテストをした処、浸漬した方が柔らかいとの結論に達しましたので浸漬をお勧めしております
Q.何故、渋みが出るの?
A.鳥などから発芽に必要な芽を守る為に微量の毒(シアン)を持っています。此れが加熱されると解毒され渋みとなります。従来は此の渋みを取るため茹で溢しを勧めて参りましたが、昨今は品種改良が進み渋み成分が緩和されています。茹で溢す事で小豆色素のポリフェノールが多く失われるため、煮立てた鍋の上部に浮かぶアワ取りで済ませる事をお勧めしております。

小豆の栽培は?
北海道(十勝)では5月中旬から下旬にかけ播種(種まき)をします。

6月上旬
6月上旬
7月上旬
7月上旬
8月上旬
8月上旬
9月上旬
9月上旬
10月上旬
10月上旬

▲ページトップへ

粉について

白玉粉・上新粉・だんごっ粉の用途

品名 原料名 産地 割合 用途 特徴
白玉粉 もち米 新潟県 100% 白玉餅 モチモチで
ツルッとした食感
上新粉 うるち米 新潟県 100% みたらし団子 しっかりと
食べ応えのある食感
だんごっ粉 もち米+うるち米 新潟県 60%+40% みたらし団子餡団子 団子に丸め易い
粉です

▲ページトップへ

昆布について

昆布の種類と産地

昆布の種類と産地

北海道の各生産地

北海道の各生産地

日高地方の各漁場

日高地方の各漁場

昆布の特徴と用途は?

種類 特徴と用途
真昆布 褐色 厚みがあり幅が広い。「昆布の高級品」。上等なダシ、塩昆布、極上おぼろなどに用いられる。
結納品などの飾りにも使われる。
長昆布 灰黒色 長さが6~15Mと長く、生産量が多い。佃煮やおでん用の昆布、早煮昆布などに使われる。
日高昆布 緑褐色 三石昆布とも呼ばれる。味がよく、柔らかくて調理しやすい。一般家庭向けのダシ昆布や昆布巻き、煮昆布に適する。
利尻昆布 黒褐色 真昆布に比べてやや固め。透明で品の良いダシが取れます。会席料理などに使われる。
羅臼昆布 茶褐色 正式名は利尻系えながおに昆布。真昆布と並ぶ高級品。ダシをとると濁るが、香が良くコクのあるダシがでる。
昆布の特徴と用途は?
用途例
■ 用途例
(喜び)の縁起から、昆布巻、結び昆布、鏡餅等に使われます。その他、(鍋物、煮物等)と幅広く使われます。

昆布の栄養価は?
日高昆布

蛋白質 カリウム カルシウム マグネシウム 鉄分
7.7g 3200mg 560mg 670mg 5.1mg
 

生わかめ

蛋白質 カリウム カルシウム マグネシウム 鉄分
1.9g 730mg 100mg 110mg 0.7mg

昆布の選び方とダシの取り方は?

緑褐色
緑褐色
黄色化
黄色化

良い昆布は、同じ黒でも緑褐色がかってツヤがあります。逆に黄色っぽいツヤのない昆布はさけた方が無難です。
また、あまり黒すぎるものは、根が枯れて岩から離れ岸に流れ着いた(拾い昆布)が多い。昆布は2年目の7月頃から収穫期に入り採取しますが、此の頃が柔らかく、一番良い出しが出ます。秋に近づくにつれ枯れて味も落ちてきます。※見た目は黒く幅広ですが、昆布の場合は枯れるに従い固く味も落ちてきます。

緑褐色 ダシの取り方
ダシの取り方
まず固くしぼった布巾で見えない砂をとります。昆布を水洗いするのは避けましょう。表面についている白い粉は汚れではなく、(マンニット)と呼ばれる旨み成分です。しかし砂やゴミがついていることもあるので、きれいな布巾を浸し、固く絞って軽く拭きとるようにします。

ダシをとるときは、水からゆっくりと温度を上げてゆき沸騰してきたら素早く引き上げるのがコツです。煮すぎると昆布の味が損なわれることになります。ダシに塩を極少量いれておくと、旨味が安定します。昆布と鰹でダシをとると単独で使うのに比べ大変おいしくなります。
それは、昆布のグルタミン酸と鰹のイノシン酸とが相乗効果を生むためです。急ぎの時には、昆布をのれん状に刻んで使用すると、ダシのでる効率がよくなります。※昆布の出しは切り口から、より出ます。

昆布の採取方法は?

漁協の合図で出漁します。組合員一人に船一艘の取り決めです。
漁協の合図で出漁します。組合員一人に船一艘の取り決めです。
満載の昆布を陸で待ち受けている家族や手伝いの人が降ろします。
満載の昆布を陸で待ち受けている家族や手伝いの人が降ろします。
浜に敷き詰めた玉砂利の上に、広げて乾します。
浜に敷き詰めた玉砂利の上に、広げて乾します。
黄色化
黄色化
黄色化

▲ページトップへ

切干大根について

特別栽培農産物の切干大根?
各、都道府県で設けられている農薬散布基準の50%以下で栽培された農産物を(特別栽培農産物)と云います。この大根を原料に加工した切干大根です。現在、70%以下の農薬散布で栽培した大根を使用しています。

農薬名 用途 回数
アラクロール 除草 1
エトフェンプロップス 殺虫 1
アセフェート 殺虫 1
DDVP 殺虫 1
水酸化第二銅 殺菌 1
カスガマイシン 殺菌 1
TPN 殺菌 1
  • ※上記、農薬資材を作物の状況に応じ最大3回まで使用します。
  • ※化学合成農薬の使用状況 ・栽培期間中最大3回使用 ・宮崎県基準の7割減にて栽培
  • ※化学肥料の使用状況 ・栽培期間中不使用。

特別栽培大根の生産情報

特別栽培大根
節減対象農薬:宮崎県地域比7割減
化学肥料(窒素成分):栽培期間中不使用
栽培責任者 (有)健康農園くにとみ・農産部
住所 宮崎県東諸県群国富町深年字横内5344-8
連絡先 TEL:0985-75-6301
確認責任者 (有)大坪農材・農産部
住所 宮崎県東諸県群国富町大字須志田1257
連絡先 TEL:0985-75-8856

有機栽培の切干大根?
過去3年間、農薬を使用しない土地で栽培した大根を自然乾燥で仕上げました。その自然な風味と味をご賞味ください。

農林水産省登録認定機関 *特定非営利活動法人 鹿児島県有機農業協会
生産認定番号 第190号
生産行程管理者 大坪和雪
住所 宮崎県東諸県郡国富町須志田1257
連絡先 TEL:0985-75-8856
製造認定番号 第49号
製造業者 有限会社 大坪農材
住所 宮崎県東諸県郡国富町須志田1257
連絡先 TEL:0985-75-8856

*宮崎県内に認定機関が無い為、隣県の鹿児島県の認定機関での登録となって居ります。

切干大根生産風景

切干大根生産風景

秋に種まきをした大根は、11月下旬から収穫期を迎えます。

切干大根生産風景

本格的に西風が吹く12月上旬から大根を抜き取り葉を落とす作業に入ります。

切干大根生産風景

収穫した大根を洗浄し。短冊に裁断します。

切干大根生産風景

収穫の終わった畑に季節風が吹く西向きにネットを設置します。

▲ページトップへ

椎茸について

椎茸の生育と栽培方法

11~12月 この時期に原木(クヌギ、ナラ、シイ等)を切り倒しその場に伏せておく。
1~3月 前年に切り倒した原木の切り口が乾燥し、ヒビ割れたとき、80~120センチの長さに揃えて切り、積み重ね、その上に枯葉等を覆います
4~5月 1本に40~50個の種ごまを打ち込み、それを積み重ねて再び枯葉等で覆います。この状態を「伏せ込み」と言います。
6~12月 上記の状態で年を越します。樹皮の下に白く椎茸菌が蔓延してきたものを「ホダ木」と言います。
1~2月 ホダ木を1本ずつ立てて組み合わせます。この状態で更に年を越します。
3~5月上旬 新物の椎茸が成長し採取されます。採取後重油乾燥機にて11~12時間かけて乾燥。気温の上昇(3~8月)に於いて3~10度で芽きり発生し18度前後まで成長し採取された椎茸を春子と言い、気温の下降(9~12月)に採取された椎茸を秋子と呼びます。生産量は春子が8割から9割。

原木栽培と菌床栽培の違い

原木栽培
原木栽培
菌床栽培
菌床栽培

上記原木栽培と、菌床栽培の方法があります。菌床栽培はオガクズ、チップ、バカスなどの培地素材に水と添加物(コメヌカ、フスマ等)を加え、石膏で固め、それに種菌を接種して約6ケ月位で椎茸を発生させる方法です。

▲ページトップへ